【追記あり】Criteo(クリテオ)サービス終了のお知らせ に関して

criteo クリテオサービス終了と停止

[追記あり:2017/12/21 12:30]

こんにちは「じぇっつ兄(@jetskyou)」です。

本日、急にこのようなメールが届きました。

お取引先各位

平素よりパブリッシャー向け CRITEO サービス(「Criteoサービス」)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、誠に勝手ではございますが、2018年1月18日をもちまして、「Criteoサービス」を終了させていただくこととなりました。

本状は、利用規約に基づく、「Criteoサービス」終了の正式な通知となります。

2018年1月18日以降は「Criteoサービス」のプラットフォーム(http://www2.criteo.com/e/126241/2017-12-20/4q2m9w/196268560)へのログインが出来なくなります。従いまして、実装している全てのCriteo広告タグをウェブサイトから2018年1月18日までに削除していただく必要があります。

お支払いに関しては、利用規約通り月末締めの翌月末払いとなります。現在、登録されている銀行口座の情報が正しいか改めてご確認ください。

この正式な通知は、いかなる国での「Criteoサービス」の使用(アフィリエイト、Webサイト、ネットワークサイトなど)および他のCriteoアフィリエイトによって設定される「Criteoサービス」の使用にも適用されます。

また、「Criteoサービス」の条項が引用されないように、企業のプライバシーポリシーも更新する必要があります。

今後のCriteo広告の配信に関しましては、「Criteoサービス」は終了いたしますが、RTB接続を通じてSSP・アドエクスチェンジから配信されます。

ご質問がある場合はpublishers@criteo.comにお問い合わせください。

今後とも変わらぬご愛顧とご支援のほどお願い申し上げます。

Criteoチーム

なんと、JETS狂の宴 でも一部の広告に使われている Criteo(クリテオ)が突然終了を宣言したのです。

終了日は

2018年1月18日

と、すでに1か月を切っている状況。これは急すぎる!

 

終了するのは、Criteo(クリテオ)の広告を配置するパブリッシャーの方で、広告を表示させてたい依頼主の方は、「SSP・アドエクスチェンジ」から広告配信は継続される模様。

現在、公式サイトを見てもそのような報告は掲載しておらず、登録をしている会員へメールのみでの通告のようです。

急にこのような通告を受けてショックを受けるアフィリエイターは多そうで、パニックになっている人もいるのではないでしょうか。

何が起こったかのか分かりませんが、詳細が分かればこの記事に追記いたします。
取り急ぎ、ご報告まで。

追記:サービス終了=デマや誤報では無いが、全体でない

突然メールで、

この度、誠に勝手ではございますが、2018年1月18日をもちまして、「Criteoサービス」を終了させていただくこととなりました。

本状は、利用規約に基づく、「Criteoサービス」終了の正式な通知となります。

と公式ドメインのメールで送信されたら、閉鎖をイメージするしかないのですが、他の人の反応を見ているとこのメールは一部のパブリッシャー(ブログに広告を貼る人)のみに配信されたメールのようで、大手の相手とはまだ契約を続投するようです。

↑こんな事、メールには書かれていませんよ。

しかし、ネット上では「SNSはデマ」「SNSは誤報」とか、逆に情報をよく見ていないくせに「デマ」「誤報」と言った言葉を使う連中であふれています。しかし、私にとってはメールの文面のとおり「サービス終了」はデマでも誤報でもなく事実です

公式のFBですら、自分達が流したメールを「誤報」だと言っている姿勢にも問題があります。

お客様ならびに関係者各位
現在SNSを中心に「Criteoがサービスを終了する」という誤った情報が発信されております。このような誤解が生じた経緯について確認しておりますが、これは事実ではありません。弊社は今後もサービスを継続して提供してまいります。

ここで「SNSを中心に誤った情報が発信されている」と言っているのもバカバカしい。

まず自分達が誤解を生む(サービス終了はある意味事実)メールを送信したことを誤らずに、「SNSで勝手に拡散されたデマ」のように扱っているところが、個人的には遺憾ともしがたいところです。

 

とにもかくにもCriteoの広告をサイトに張ってきた人にとって、

サービス終了はデマでも誤報でもない事実

この事件は、いきなり朝からこんないい加減なメールを一方的につきつけたCrteoの完全な自爆

サービス終了まで一ヶ月を切ったところで、ユーザーをいきなり切り捨てるという横柄な態度に天罰が下ったと見て良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で