テーマパーク道 | ディズニーランド 3000億増資。一体どうなる?

ディズニーランド 3000億円増資 第3のパーク

こんにちは「じぇっつ兄(@jetskyou)」です。もはやどこに向かっているのか不明のブログ道。

とにかく10年間スポーツブログだけをやってきて、稀に個人的な事を書きつつも、本気でNFLネタ以外を書く事を禁じてきたので、このブログで爆発させたいと思ってます。

「テーマパーク」にめざとい私が、今話題のディズニーランドのニュースを取り上げたいと思います。

仁義なきテーマパーク戦争。ディズニーランドに第3のランドが出現か?

昨日発表されたディズニーランドのビッグプロジェクトに関するニュース。

現在、ディズニーランドは「スタージェット」や「グランドサーキット・レースウェイ」を潰して、新たに「美女と野獣エリア」を作ろうとしておりますが、今回は新たに3000億円を増資するという発表がありました。

ディズニーリゾート:大幅拡張 25年着工、第3パークに – 毎日新聞

それもこれも、USJという西のライバルの大躍進が影響しているでしょう。

ディズニーランドのコンテンツはディズニー系とピクサー系関連と言うしばりがあるのに対して、USJはハリーポッターだろうがワンピースだろうがモンハンだろうがやりたい放題。

USJは怠慢な市営で潰れかけていたところ民営化し、カネボウから凄腕のプランナーをヘッドハンティングした結果、大成功に結び付きました。

(最初は「なんでもあり」プランに猛反対されたそうですが、実績と共に反対派は黙るしかなくなったとか。)

ディズニーランドに対してミッキーマウスに対抗するキャラがいない弱点がありましたが2016年にはミニオンエリアを増設し、2020年には任天堂エリアを増設予定。ディズニーランドに比べて土地が狭いながらも、やりくりして新手の戦略を次々と打ち出し、話題を欠く事がありません。

 

一方、ディズニーランドも手を休めるわけではないのですが、マンネリ化は避けられず。

しかも「キャストの質が落ちている」「派遣社員のぬいぐるみの中の人が労災を訴える」などイメージダウンする一方で、かつてのようなディズニー神話は崩壊しました。

一体3000億円で何をする?

3000億円という金額を聞いてピンとこないと思いますが、ディズニーシーの初期投資がたしか3200億円(私のうる覚え)。つまり、その規模の大改革が行われようとしています。

ニュースでは「ディズニーランドとシーの増設」と出ていたり「第3のテーマパーク出現」と、文面から完成形が見えませんが「2025年の着工を目指す」ということは、1つの大きなテーマパークを作ろうとしている説が正しいかもしれません。

新聞のコピーを見つけたので掲載します。

この図を見る限り駐車場を潰して拡張するようです。

「じゃあ駐車場が減るじゃない」と思いますが、駐車場問題は新たに立体駐車場を作りカバーするとのことです。

で、ただでさえコンテンツ不足でしばりがあるのに何を作るかというと、以前にシーに増設しようと計画していて とん挫した「アナと雪の女王」通称「アナ雪」をメインにしたテーマパークであることが予想されます。

「今はもう誰も「レリゴー」とか言わないのに、2025年以降に出来てもオワコンでしょ」と、思うかもしれませんが、今考えられる切り札ってコレしかないんですよね。悲しいかな。

私は今年の初めに、フロリダのディズニーランドに行ってきましてアナ雪のアトラクションにのりましたが、カリブの海賊の進化版という感じでした。

日本版はこれよりももっと大規模な別物になると予想されます。

 

ディズニーランドに関してはUSJと真っ向から対決するよりも、質を上げる事を重視したほうがいいのかもしれませんが、ここでインパクトのあるニュースを出して手を打っておかないと出資者に対してマズイ面もあるのでしょう。

仁義なきテーマパーク戦争、果たして最後にはどうなるのか楽しみであります。

まとめ

「急にテーマパークの事をダラダラ語り出して気持ち悪い野郎だな」と思うかもしれませんが、テーマパークも好きでして、一応こういうニュースはチェックしてます。

かつ、意外とこういうネタを持っておくと、飲み会などで話の種になりますよ。特に女性相手には武器です。

ではでは。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で